実施(シリーズ授業)

観測知にふれるハンズオン・ギャラリー


学術標本を「観察」「計測」「認知」するのは科学の基本プロセスです。フィールドで得られた標本・試料を研究する上でまずはじめに取りかかる基本的かつ重要な作業である「観測知」をギャラリーをまわって体感する。

対象/人数
小学生以上(小学生は保護者同伴のこと)/各回24名
実施日
2012/07/08, 07/29, 08/26, 10/20, 11/17, 12/15
備考
10/20、11/17、12/15は名古屋大学博物館にて開催

この項目を含むシリーズ