新しい学びプロジェクト
自治体と東京大学CoREFの連携

(1)主な取り組み

  • 小学校、中学校、高等学校での協調学習を引き起こす授業づくり
  • 知識構成型ジグソー法による教材の開発、実践、評価
  • 指導主事、授業実践者とCoREFスタッフのメーリングリストを活用したオンラインでの教材検討、授業の振り返り
  • 地域、学校、経験の多様な教員、管理職、指導主事、研究者、教育支援に関心のある社会人による多彩なネットワーク形成

(2)令和元年度の参加団体(5月現在)

北海道東神楽町、様似町、福島県伊達市、埼玉県、埼玉県戸田市、東京都市大学等々力中学校・高等学校、長野県文化学園長野中・高等学校、静岡前向き授業づくりネットワーク、京都市立学校新しい学びプロジェクト研究協議会、和歌山県有田川町、大阪府清風中学校・高等学校、鳥取県日南町立日南中学校、島根県、島根県浜田市、津和野町、岡山県立瀬戸高等学校、広島県安芸太田町、せらにし教育研究会、ひろしま新しい学びプロジェクト研究協議会、山口県新しい学びプロジェクト研究協議会、高知県教育センター、福岡県飯塚市、大分県教育センター、大分県竹田市、九重町、豊後高田市
(17都道府県26団体)

(3)年間の活動スケジュール

  • 教育長・担当者(指導主事等)による連絡協議会(5月・2月)
  • 東京大学での全体研究会(8月初旬 2日間)
  • 公開研究授業を中心とした研究会(大掛かりなものは年間2回程度)
  • 参加団体の主催によるローカルな公開授業研究会(平成30年度は年間600実践以上)
  • 年次報告会(2月)

(4)組織編制

  • 各参加団体が指導主事等1名以上を「研究推進担当者」とし、CoREFや事務局と連携して自治体内での事務的なマネジメントを行う
  • 各参加団体が活動の中心となる教員を「研究推進員」として指定
  • 国語、算数・数学、理科、社会、英語の5教科について教科部会を設定
  • 「研究推進員」は任意の教科部会に参加して教材開発を中心として活動
  • 周辺の教員も参加団体の裁量により教材開発や実践に協力(「サポートメンバー」制)

平成30年度の研究推進員数(名)(平成31年1月現在)

国語(31) 社会(32) 算数・数学(40) 理科(30) 英語(11) その他(5)
中高 中高 中高 中高 中高 中高
10 21 15 17 20 20 12 18 3 8 1 4

※サポートメンバーは全教科・校種で657名

(5)平成30年度までの成果

  • 小中学校639実践を中心に、実技教科や高校授業案、教材、振り返りデータを含むフルセットのデータとして報告
  • 先生お一人当たり平均6.6回を一年で実践。日常化している傾向
  • 小中学校で98.3%、高校で92.7%の児童生徒が毎日~学期1,2回以上「やりたい」
  • 先生方の感想として「子どもたち一人ひとりの学びの姿が見える」「生徒の姿の事前の想定が大事」など

(6)具体的な研究の進め方

①研究会等の年間日程(令和元年度5月現在)

日程 行事 場所 対象
5月13日(月) 第1回連絡協議会 京都市立下京中学校 教育長・担当者
8月3日(土)
4日(日)
拡大研究推進員会 東京大学 関連施設 すべて
10月18日(金) 研究発表会 島根県浜田市 すべて
19日(土) 教科部会 すべて(主に推進員等・担当者)
11月15日(金) 研究発表会 大分県豊後高田市 すべて
16日(土) 教科部会 すべて(主に推進員等・担当者)
2月8日(土)
9日(日)
教科部会 聖心女子大学 推進員等
年次報告会 すべて
第2回連絡協議会 教育長・担当者

*1 研究会等への参加は、原則各参加団体が各自の予算の範囲で任意に行う
*2 参加団体内での研修や公開授業研究会は随時開催(2019年度の公開授業研究会日程はこちら

②オンラインのネットワークを活用した授業づくり・実践共有

a)メーリングリストの活用

  • 研究推進員、サポートメンバー(以上実践者)、研究推進担当者(指導主事等)、CoREFスタッフ等で教科メーリングリストを構成
  • 研究推進員、サポートメンバー及びその周辺の教員の協調学習実践について、授業案・教材の事前検討、実践アイデアの交流、実践報告等をメールのやり取りで行う
  • メーリングリストでは、個々の教材の検討だけでなく、参加団体内の研究の進め方、プロジェクト全体の研究の進め方等についての相談等も行う

b)実践記録の蓄積

  • 研究推進員、サポートメンバー等の協調学習実践について、各参加団体は可能な限り授業案・教材・振り返りシート、音声や映像の記録、児童生徒の記入済みワークシート、授業アンケート等を収集し、提出
  • 集まった実践の記録は、CoREFが報告書等にまとめて発信

③各参加団体内での研究の進め方

  • ①の研究会等、②のネットワークを活用しながら、各参加団体がそれぞれ任意の年間計画で研究を推進
  • 公開研究授業等の際には、情報を他の参加団体にも積極的に発信
  • 参加団体内の研修会等に、「協調学習マイスター」やCoREFスタッフの派遣を要請することが可能(CoREFは参加団体からの要請に優先的に対応)

※各年度ごとの活動の詳細については,「活動報告書」 を参照ください。
※活動をとおしてデザイン・実践された授業の例は、こちらでご覧になれます。