新しい学びプロジェクト 令和元年度報告会

市町等と東京大学による協調学習研究連携

平成22年度から教育委員会、学校教員、研究者が協働して、子どもの学びを丁寧に想定しながら授業をデザインし、学びの事実を見とり、そこから次の授業デザインの仮説を得ていく実践研究のサイクルを回し続けています。
このサイクルから実践者の先生方に今見えてきていることを交流する「ラウンドテーブル」、これまでの実践研究のベースの上に小中高大社会をつなぐ新しい学びのゴールを視野に入れ、新しい学びの未来に向けて私たちの今後の課題と方向性を整理する「パネルディスカッション」という二本柱で成果を交流し、次年度以降の展望を描きます。

[日時]
令和2年2月9日(日)
9:30~14:45(受付9:00~9:30)
[場所]
聖心女子大学 3号館 宮代ホール(東京都渋谷区広尾4丁目3-1)
※東京メトロ日比谷線「広尾」駅2番出口 徒歩3分
[主催]
新しい学びプロジェクト研究協議会/東京大学CoREF
[参加費]
無料

[参加申込]
お申込サイトにアクセスの上、必要事項を送信ください。【令和2年2月3日(月)締切】
※なお、定員に達した場合、締切前でもお申込をお断りする場合もございます。

[プログラム](受付9:00~9:30)

9:30~9:50 開会行事
「新しい学びの未来像」 東京大学CoREF 教授 白水 始
10:05~11:35 ラウンドテーブル「小・中・高等学校の各教科における『知識構成型ジグソー法』の授業づくりと実践について」
*主に国語、社会、算数・数学、理科の授業実践について、教科ごとの実践報告と意見交換の場を予定しています (※実践報告は小中学校でのものが中心になる予定です。実践報告者調整の結果、今回は英語科のラウンドテーブルは開催なしとなりました。恐れ入りますがご了承ください。)
11:35~12:35 昼休憩・移動
12:35~13:25 パネルディスカッション①
「主体的・対話的で深い学びの質を支える授業研究」
新しい学びプロジェクト研究推進員及び研究推進担当者
島根県 浜田市教育委員会
大分県 豊後高田市教育委員会
東京大学CoREF 特任助教 飯窪 真也
13:25~14:40 パネルディスカッション②
「新しい学びの未来に向けて」
広島県安芸太田町教育委員会 教育長/新しい学びプロジェクト 副代表
全国町村教育長会 会長 二見 吉康
国立教育政策研究所初等中等教育研究部 総括研究官 藤原 文雄
聖心女子大学 教授/東京大学CoREF 協力研究員 益川 弘如
東京大学CoREF 特任助教 齊藤 萌木
14:40~14:45 閉会行事

※当日の様子は撮影、録音いたします。写真・動画等は、東京大学CoREFの関与するwebサイト等の広報手段、講演資料、書籍等に許諾なく用いられる場合があります。また、マスメディアによる取材に対しても許諾なく提供することがございます。あらかじめご了承ください。