実施(シリーズ授業)

日本のインフラ老朽化の現場と維持管理技術の海外展開


インフラ(橋梁)の歴史から、アメリカや日本での老朽化の紹介、それを改善する振動計測の技術の実演などが行われた。橋梁という身近に存在しているものを話題に、老朽化の現状や維持管理技術などについて、解説が行われた。
【長井 宏平 准教授】

実施対象校等
山形県立東桜学館高等学校
対象/人数
高校1年生92名
実施日
2017/11/07
備考
生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG)
http://ong.iis.u-tokyo.ac.jp/lecture.html