実施(シリーズ授業)

未来材料:チタン・レアメタル


はじめに、夢の材料チタンをはじめとするレアメタルの現状や将来性について解説が行われ、続いて、レアメタルの代表格であるチタンとニッケルの合金の輪をまっすぐに伸ばした後、50度のお湯の中に入れるともとの形に戻る「形状記憶合金」を用いた実験を行った。【岡部 徹 教授】

実施対象校等
埼玉県東松山市教育委員会
対象/人数
中学2年生708名
実施日
2017/11/29
備考
生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG)
http://ong.iis.u-tokyo.ac.jp/lecture.html

この項目を含むシリーズ