実施

神経と脳の形


脳や神経がどのような働きをしているのか、どのようにできているのかを基礎から応用まで具体的な例を挙げながら紹介した。また、神経や脳が自分自身で複雑な形をつくる遺伝子のメカニズムを持っていて、正確な回路を形成する基盤として働くことで、正常な脳の機能を発揮できることを詳細に説明した。さらに、神経や脳の形に異常が起きることで引き起こされる疾患等、発症機構の理解と治療法の開発に向けた研究の取組みの紹介があった。

実施対象校等
埼玉県立大宮高等学校
対象/人数
高校生68名
実施日
2015/07/14
備考
生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG)
http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html

この項目を含むシリーズ