実施(シリーズ授業)

銀河学校2014


参加者は、あらかじめ用意された 3つのテーマを選択する。2014年のテーマは、 「小惑星の大きさ分布を求める」、「星雲の色や構造、距離を求める」、 「光にこめられたもう1つのメッセージ」だった。参加者は106cm望遠鏡を使った天体観測、観測データの解析、考察、結果発表というステップに従って実習をすすめる。

実施対象校等
全国の高校、中学校
対象/人数
高校生と中学校3年生・36名
実施日
2014/03/25-28