実施(シリーズ授業)

H25年度の課題タイトル「多摩川の水質と下水処理」「淀川河川における重金属濃度の流域別調査」「遺伝子組み換え食品の安全性を考える」「洗剤と共生する社会のために」「放射線で発電は可能か」「空気中の放射線量の調査」「水底堆積物のガンマ線量測定」


義務教育を終え、自主的に思考し、各々の意見を発信することができるレベルにある高校生が、身のまわりの環境安全やさまざまなリスクを自身の問題として捉えるための研究活動を支援する事業。具体的には、高校生自らが環境安全やリスクに関連のある研究テーマを決め、調査し、報告書としてまとめ、発表し、相互に意見交換する活動を支援した。

実施対象校等
全国の高等学校、高等専門学校
対象/人数
30名
実施日
平成25年05月-26年03月