実施(シリーズ授業)

CO2貯留技術の環境影響評価


2050年にCO2排出量半減達成のために、地中貯蔵とともに、海洋隔離はリスクの異なる排出削減オプションとして、国が技術開発すべきものと考えられています。授業では海洋隔離の環境影響評価技術の最新動向について概説したいと思います。

実施対象校等
徳島県・徳島市立高等学校
対象/人数
高校生 40人
実施日
2015/07/24
備考
教員:
佐藤 徹

この項目を含むシリーズ