小中高向け出張授業・講習会・見学会等

高校生向け天文学体験実習「銀河学校」


全国の高校生を対象とする、3泊4日の合宿型天文学体験実習。毎回約30名が参加し、これまでに約500名が参加した。生徒は、あらかじめ用意された3つのテーマを選択し、105cm望遠鏡による天体観測、観測データの解析、考察、結果発表というステップで実習をすすめる。銀河学校の目的は、将来の研究者を育てることにもあるが、科学の基本的な研究スタイルを体験させ、科学的な考え方を持った人材を育てる、ということにも重点を置いている。

対象/人数
高校生と中学3年生 30名程度
実施主体
大学院理学系研究科附属天文学教育研究センター木曽観測所
准教授 小林 尚人
今後の対応
その他
問合せ先(部署名、電話又はEmail)
大学院理学系研究科附属天文学教育研究センター木曽観測所
学術支援職員 森由貴 0264-52-3360
kisoadmin2@kiso.ioa.s.u-tokyo.ac.jp
備考
通常毎年3月に開催。年末年始に木曽観測所HP、各天文雑誌などで募集を案内。

これまでの実施状況

日付 タイトル 概要 実施対象校等 対象学年・人数 備考
2016/03/22-25銀河学校2016参加者は、あらかじめ用意された 3つのテーマを選択する。2016年のテーマは、 「天の川 ペルセウス座-カシオペア座領域を探れ!」、「超新星・新星残骸の観測から探る超新星・新星爆発のいろいろ」、「星間 … 続きを読む 全国の高校、中学校高校生と中学校3年生・36名
2015/03/24-27銀河学校2015参加者は、あらかじめ用意された 3つのテーマを選択する。2015年のテーマは、「星団から探る星の性質」、「銀河の形は生まれか育ちか?」、 「どんな星が超新星爆発を起こすのか?」だった。参加者は107c … 続きを読む 全国の高校、中学校高校生と中学校3年生・35名
2014/03/25-28銀河学校2014参加者は、あらかじめ用意された 3つのテーマを選択する。2014年のテーマは、 「小惑星の大きさ分布を求める」、「星雲の色や構造、距離を求める」、 「光にこめられたもう1つのメッセージ」だっ … 続きを読む 全国の高校、中学校高校生と中学校3年生・36名
2013/03/26-29銀河学校2013参加者は、あらかじめ用意された 3つのテーマを選択する。2013年のテーマは、 「木星の衛星の探査」、「食を起こす近接連星の観測」、 「銀河系の姿を探れ!」だった。参加者は105cm望遠鏡を … 続きを読む 全国の高校、中学校高校生と中学校3年生・33名