小中高向け出張授業・講習会・見学会等

ひらめき☆ときめきサイエンス


大学などの研究機関で科研費を生かして取り組まれている研究の成果を見て、聞いて、触れて、研究の面白さを体験するプログラム

対象/人数
小中学生・高校生
実施主体
独立行政法人日本学術振興会
問合せ先(部署名、電話又はEmail)
大学院農学生命科学研究科・准教授・二瓶直登 (内線27882)

これまでの実施状況

日付 タイトル 概要 実施対象校等 対象学年・人数 備考
2015/08/03放射線はこわい?食の安全性について調べてみよう!測ってみよう!放射線や、福島県農産物の安全性に対して理解させるため、写真や画像を多数用いた説明を行った。また、霧箱の作成や、放射線の測定を説明するために、GM管やGe半導体検出器に実際に触れさせたり、操作しながら説明した。高校生(様々)高校生29人