小中高向け出張授業・講習会・見学会等

茨城県立並木中等教育学校での講演


同校の学校公開活動の一環として毎年行われている講演会であり、中学生・高校生が最先端の研究内容に触れ、進路選択を考える上での参考にしてもらうことを目的としている。

対象/人数
中等教育学校の生徒および小学生と保護者 約1000名
実施主体
大学院農学生命科学研究科・応用生命化学専攻
准教授 戸塚護
今後の対応
応相談
問合せ先(部署名、電話又はEmail)
大学院農学生命科学研究科・応用生命化学専攻
准教授 戸塚護
atotuka@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp

これまでの実施状況

日付 タイトル 概要 実施対象校等 対象学年・人数 備考
2010/11/06つくばから「食と生命」の先端科学の世界へ研究者としての進路選択、農学とはどういう学問分野か、および食品科学の最新知見について、講演を行った。茨城県立並木中等教育学校小中高生とその保護者 約1000名