小中高向け出張授業・講習会・見学会等

学びのポイントラリー


「学びのポイントラリー」は、地域ごとに支部をつくり、そこで実施されているプログラム(教科学習の補充、文化・スポーツ、市民生活、職業生活などに関わるもの)を登録し、学校やHPを通じて広報する。市民団体「地域の学び推進機構」を設立し、教育学研究科市川研究室が本部(兼事務局)となり、「学びのポイントラリー」制度を運営し、普及をはかっている。「地域教育応援セミナー」を随時開催する。
※趣旨や活動の詳細は、地域の学び推進機構のウェブページ(www.chiiki-manabi.org)を参照してください。

対象/人数
プログラムの実施主体は、自治体、市民団体、NPO、民間企業、大学、地域の施設(図書館、博物館、美術館、体育施設)など。
プログラムの対象は、小学生、中学生。
実施日
2004年度にスタートして,継続的な活動として実施。
実施主体
地域の学び推進機構代表:市川伸一 大学院教育学研究科 教授
今後の対応
「学びのポイントラリー」の導入は随時。機構は、ポイントカードの提供や、広報活動の支援を行う。
問合せ先(部署名、電話又はEmail)
専用電話(080-8088-5039 担当:杉野)、または、HPやパンフレットに記載の支部代表まで。それぞれの地域プログラムについては、直接実施団体へ。趣旨や活動の詳細は、地域の学び推進機構のウェブページ(www.chiiki-manabi.org)を参照のこと。
関連HP
www.chiiki-manabi.org
備考
参加地域は、東京の4区(文京、江東、台東、渋谷)のほか、奈良、京都、大阪、岡山など。
2015年3月には、東大教育学部の教室で、「認定証取得者の集い」を開催。子ども達約20名と保護者が参加。