小中高向け出張授業・講習会・見学会等

生産技術研究所「出張授業」


学校で習っている数学および理科の授業が研究レベルでどのように生かされて いるのかを理解してもらうことを目的として、生産技術研究所の教員による出張授業を実施した。

対象/人数
中学生・高校生/各回20~30名
実施主体
生産技術研究所次世代育成オフィス
室長(教授) 大島まり
今後の対応
応相談
問合せ先(部署名、電話又はEmail)
生産技術研究所次世代育成オフィス
Tel :03-5452-6026
E-mail:ong@iis.u-tokyo.ac.jp
備考
次世代育成オフィス(ONG)は、“産業界と初等・中等教育の結び付け”や“研究室によるアウトリーチ活動”を企画・支援し、産学が共同して次世代の研究者、技術者を育成する教育活動・アウトリーチ活動の新しいモデルを創りだすことを目的としている。

これまでの実施状況

日付 タイトル 概要 実施対象校等 対象学年・人数 備考
2018/01/26先端科学技術分野で期待されていること ~文系も理系も男性も女性も輝く社会を目指して~女性科学者としての経験や自身の研究を踏まえながら、先端技術の研究に期待されていることとはどのようなことかについて講義が行われた。大学・大学院で何を学ぶのか、何を目指して研究に向かっていくのか、研究者として進む上での課題や … 続きを読む 宮城県仙台第一高等学校高校1年生324名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://ong.iis.u-tokyo.ac.jp/lecture.html
2017/12/06ものづくりのための材料モデリングとコンピュータシミュレーション数理モデルの考え方、実例を学んだ後、シミュレーション科学における活用事例について紹介が行われた。シミュレーションの現状や今後の展望と共に、問題点や課題などにも触れ、シミュレーションについて深く考えられる内容となった。【梅 … 続きを読む 群馬県立高崎高等学校高校2年生41名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://ong.iis.u-tokyo.ac.jp/lecture.html
2017/11/29未来材料:チタン・レアメタルはじめに、夢の材料チタンをはじめとするレアメタルの現状や将来性について解説が行われ、続いて、レアメタルの代表格であるチタンとニッケルの合金の輪をまっすぐに伸ばした後、50度のお湯の中に入れるともとの形に戻る「形状記憶合金 … 続きを読む 埼玉県東松山市教育委員会中学2年生708名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://ong.iis.u-tokyo.ac.jp/lecture.html
2017/11/25最先端の光学機器レンズの結像、回折、偏光について学べる内容であり、実際に手を動かしながら、虹ができる原理を探ったり、結像を作ったり、回折を観察するなどの実験を行った。レンズの結像では、人間の近視やカメラ、回折では分光、偏光では半導体製造 … 続きを読む 埼玉県立浦和第一女子高等学校高校1年生33名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://ong.iis.u-tokyo.ac.jp/lecture.html
2017/11/14科学技術研究におけるフロンティア開拓とは  ~課題設定・研究遂行・成果発表~課題研究における課題設定の難しさ、課題の設定方法に関する講演が行われた。失敗を重ねながらも、研究し続けることで扉が開いた自身の体験談が披露され、失敗を重ねながら挑み続けることの重要性を感じ取れる内容であった。【石井 和之 … 続きを読む 群馬県立桐生高等学校高校生835名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://ong.iis.u-tokyo.ac.jp/lecture.html
2017/11/08超分子化学の最前線はじめに、「研究」と「社会」との関連について説明があり、続いて、超分子化学分野の歴史を紐解きながら、近年のノーベル化学賞の研究内容に触れ、現在に至る超分子の研究例について紹介があった。最後に、今後の研究を発展させ、より生 … 続きを読む 茨城中学校・高等学校中学3年生-高校2年生44名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://ong.iis.u-tokyo.ac.jp/lecture.html
2017/10/11デジカメの仕組みを知る:最先端技術の玉手箱 (1)講義前半は結像の仕組みやデータの保存形式など、デジカメの仕組みについて直観的な説明があった。後半はデジカメに使われる撮像素子に関連し、量子力学に基づく光や電子の波と粒子の二面性について、解説が行われた。【志村 努 教授】田園調布学園中等部・高等部 中学3年生-高校1年生34名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://ong.iis.u-tokyo.ac.jp/lecture.html
2017/07/11国際舞台で活躍できる科学者・技術者を目指して自身の研究分野・内容(脳内の微細血流可視化による予防医学)や米国への大学院留学体験、そして女性科学者としての経験を踏まえた講義が行われた。自身の研究のシミュレーション実演を行ったり、大学、大学院やその先の研究についての話 … 続きを読む 東京都立立川国際中等教育学校 中等1-6年生43名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://ong.iis.u-tokyo.ac.jp/lecture.html
2017/07/10船の基本と最前線はじめに、海の利用など、海事の基本知識について紹介があり、続いて、重力、浮力など、船の力学について説明しながら、水槽を用いた実験が行われた。後半は、最新の揺れを抑えることができる小型船の説明にもおよび、船の基本から最新技 … 続きを読む 埼玉県立大宮高等学校高校生54名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://ong.iis.u-tokyo.ac.jp/lecture.html
2017/06/17がん治療や環境浄化に資する分子の化学レーザーを使って身体を通過する光の種類の実験、ポルフィリン溶液が何色の光を透過するかの実験を行い、その後、分子模型を配布して分子を組み立てた。講義の最後には、高校の学問が大学から先、どのように広がっていくかについて話があ … 続きを読む 山崎学園富士見中学高等学校中学生・高校生33名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://ong.iis.u-tokyo.ac.jp/lecture.html
2017/06/09分子のかたち・ならび・あつまり結晶工学を中心とした講義やTAM型亜鉛錯体の紙模型の作成が行われた。模型はかなり複雑な構造になっていたが、実際に作ってみることで光学異性の確認ができる内容であった。有機錯体を創造する面白さや、それらの持つ特性から用途につ … 続きを読む 石川県立金沢泉丘高等学校高校1年生60名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://ong.iis.u-tokyo.ac.jp/lecture.html
2017/01/07美肌の力学 -工学と美容の妖しい関係-肌にシワができる仕組みを、力学的に考察する授業が行われた。シワ発生のメカニズムについて、缶コーヒーの缶がつぶれる様子を例に、座屈をきっかけとしたシワ形成の仮説と皮膚構造の加齢をモデル化したシミュレーションによる検討結果の … 続きを読む 北海道教育委員会「ハイレベル学習セミナー」高校1年生 約100名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://ong.iis.u-tokyo.ac.jp/lecture.html
2016/11/19ナノと深海の世界まず、原子間力顕微鏡の原理を理解するために、他の顕微鏡との違いや原子間力顕微鏡ならではの特徴の説明があった。その後、カンチレバーモデルを使った実習で、原子間力顕微鏡の動作原理の理解を深めた。最後に、深海におけるナノオーダ … 続きを読む 埼玉県立浦和第一女子高等学校高校1年生(SSHクラス)40名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://ong.iis.u-tokyo.ac.jp/lecture.html
2016/10/28流動層とその利用高校と大学の授業方法の違いなど、将来の大学生活をイメージさせるような話から始まり、化学工学とは何なのか、実世界にどのように還元されているかなど、研究分野に関する説明に続き、流動層について、流動層とは何なのか、身の回りの製 … 続きを読む 東京都立墨田川高等学校高校生36名10名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://ong.iis.u-tokyo.ac.jp/lecture.html
2016/10/05デジカメの仕組みを知る:最先端技術の玉手箱 (2)生徒が各自持参したデジカメで写真を撮り、それらの写真をプロジェクターに写しながら、画素とデジタル画像についての講義が行われた。また、2進数や情報量の概念を用いた記録の仕組み、レンズによる結像、撮像素子の仕組みを説明し、最 … 続きを読む 田園調布学園中等部・高等部 中学生・高校生33名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://ong.iis.u-tokyo.ac.jp/lecture.html
2016/07/16エネルギーってなんだろう?  -省エネルギー技術の研究動向- (5)「エネルギー保存則」と「エネルギー消費」といった矛盾した概念、エネルギーは質の高い状態から低い状態に変わっているだけであること、また、本来は周囲環境に捨て、無駄にしていたエネルギーを、質を高め再利用することで省エネに寄与 … 続きを読む 東京都市大学付属中学校・高等学校中学生・高年生 各回約30名(2回)生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://ong.iis.u-tokyo.ac.jp/lecture.html
2016/07/12ICT時代の災害対応の最前線講義の前半は、防災の基本、発展途上国の災害とそれに対する研究的なアプローチ方法に関する話が映像と共に紹介された。講義の後半は、今後の災害対応に関する内容にもおよび、“災害対応は発災後の対応よりも発災前の対応が重要である” … 続きを読む 八千代松陰学園 八千代松陰高等学校 高校1・2年生 約40名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://ong.iis.u-tokyo.ac.jp/lecture.html
2016/07/11地球水循環と気候地球水循環と気候について、森林伐採と雨の関係、30億年前から現在までの環境気候変動、同位体を使った雨の出身地解析、最新技術を用いた将来予測などのテーマで講義があった。講義の最後には、数学を学ぶ意味、大学でなぜ学ぶのか、今 … 続きを読む 埼玉県立大宮高等学校高校1年生(理数科)42名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://ong.iis.u-tokyo.ac.jp/lecture.html
2016/03/25奇跡の物質 レアメタルレアメタルの特性や製造法を紹介した。生徒がレアメタルを身近に感じられるように、ガンダムのボディ等のアニメの話や浅草寺の瓦等の話を織り込みながら、鉱石やスクラップからのレアメタル回収に関して講演を行った。レアメタルの話題の … 続きを読む 中国四国地区5校合同(愛媛県立今治西高等学校,岡山県立岡山芳泉高等学校,岡山県立倉敷青陵高等学校,香川県立観音寺第一高等学校,広島県立尾道北高等学校)約90名 (高校1年生約80名+引率教員10名)生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2015/12/22超新星ニュートリノで探る星の最後×科学技術コミュニケーション(1)超新星爆発や超新星ニュートリノ研究についての話に加え、次世代育成オフィス(ONG)が中心となって実施している科学技術コミュニケーション活動や科学技術教育研究について講義を行った。香川県立高松第一高等学校高校1・2年生609名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2015/12/02原子と電子を観る・知る・はかる原子・電子の構造を学び、それらを研究する最先端の計測技術について説明した。また、大学教員・研究者の仕事についての話もあり、将来を考えるきっかけとなった。群馬県立高崎高等学校高校2年生43名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2015/11/30未来を切り拓く光 レーザー情報通信、医療、加工をはじめとする各分野で幅広く利用されているレーザーについて講義を行った。講義では一般的な原子の構造からレーザーのしくみを学び、実際にレーザーを用いながら分かりやすく説明した。群馬県立桐生高等学校高校生80名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2015/11/07最先端光学機器のしくみと、それを支える物理と数学光学の基礎となる結像、収差、干渉、回折等及び顕微鏡と半導体露光装置に係る講義、レンズや回折格子を用いた実験、各々が持ち寄った写真を用いて、目的にあった数値を設定し、フィルター処理を施す画像処理の実習を3名の教員によるリレ … 続きを読む 埼玉県立浦和第一女子高等学校高校1年生31名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2015/10/07見ながら操る微細な世界前半は「モノのサイズ」について、髪の毛の太さや花粉の大きさといった身近なものを題材として、本講義の一つのキーワードであるミクロの世界へと生徒たちの興味・関心を高めた。後半はこれまでの研究の軌跡や成果、今後の展望について、 … 続きを読む 田園調布学園中等部・高等部中高生25名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2015/10/05地盤防災研究と社会貢献近年頻発する地震等の自然現象によって引き起こされる災害のほとんどが、地盤の挙動と密接に関わっており、地震以外にも地滑りや土石流、液状化現象等、あらゆる自然災害も地盤の挙動と関係している。これらの現象が発生すると、住宅や交 … 続きを読む 国立明石工業高等専門学校専攻科1年生31名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2015/09/26超新星ニュートリノで探る星の最後×科学技術コミュニケーション(2)超新星爆発や超新星ニュートリノ研究についての話に加え、次世代育成オフィス(ONG)が中心となって実施している科学技術コミュニケーション活動や科学技術教育研究について講義を行った。静岡市立高等学校科学探求科1・2年生80名、教員生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2015/07/14神経と脳の形脳や神経がどのような働きをしているのか、どのようにできているのかを基礎から応用まで具体的な例を挙げながら紹介した。また、神経や脳が自分自身で複雑な形をつくる遺伝子のメカニズムを持っていて、正確な回路を形成する基盤として働 … 続きを読む 埼玉県立大宮高等学校高校生68名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2015/06/20グローバルな人間活動・環境変動計測と国際技術協力前半は、リモートセンシングの基本原理を紹介し、宇宙から取られた動画を上映し、生徒たちにリモーセンに直感的な認識を与えた。後半は、リモートセンシングを用いて環境問題、災害に対する応用を説明した。最後に、リモートセンシングは … 続きを読む 山崎学園富士見中学高等学校高校1・2年生11名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2015/06/17ナノを見る技術「パッシブ型テラヘルツ顕微鏡」の原理について、高校物理における光の基礎知識から分かりやすく解説した。また、高校生活と大学生活の違いや、講師所属の精密機械工学科の研究領域の紹介等、進路を選ぶ高校生にとって必要な情報も取り上 … 続きを読む 東京都立国分寺高等学校高校生20名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2014/12/15ガン治療や環境浄化に資する分子の科学ガン治療と環境浄化に関する授業を行った。分子特性に関する理解を促すため、生徒さんに、色素溶液へレーザーポインターを当てる実験や、分子模型の組み立てを行った。東京都立小山台高等学校高校生16名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2014/12/13水と緑と持続可能な社会の構築森や地球規模の水循環に人間活動が及ぼす水循環への影響や、仮想水貿易等について、多方面に渡り説明した。サントリー水科学研究所研究員の矢野伸二郎先生による、サントリーの‘水’への取り組みの紹介、「水文学」の説明、及び軟水と硬 … 続きを読む 埼玉県立浦和第一女子高等学校高校1年生33名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2014/11/11リモートセンシングと国際技術協力~Remote sensing of environment and disaster towards in a global scale~リモートセンシング技術に関する授業を行った。近年問題となっている大気汚染や洪水等の異常気象情報を得るために有効な手段とされるRS技術を紹介した。実際のCO2濃度分布図等を示しながら、国際的にも重要で広がりのある技術である … 続きを読む 東京都立日比谷高等学校高校1・2年生 約30名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2014/10/28材料の変形と強度、そして物性~ものづくりを支える基礎科学とコンピュータシミュレーション~物質の破壊・変形についての授業が行われた。まず、身近な破壊の事象を取り上げ、方程式を用いながら、破壊力学の基礎について説明した。次に物質の変形について、変形の種類やシミュレーション技術、さらに発展的な例として最先端の研究 … 続きを読む 茨城高等学校・中学校中学3年生~高校2年生 約40名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2014/10/08デジカメの仕組みを知る:最先端技術の玉手箱~デジカメにぎっしり詰まった先端テクノロジーと物理の基本~身近なカメラの仕組みに関する授業を行った。生徒が持参したカメラで実際に写真を撮るところからはじまり、カメラにおける光学的処理や情報的処理を説明した。分解済みのカメラ部品を配り、持参のカメラと比較する時間も設けた。田園調布学園中等部・高等部中学3年生、高校1年生 約40名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2014/07/17建築の可能性建築家の仕事について、デザインとアートの違いを説明する授業を行った。講師自らがこれまでに携わってきた設計を実際に紹介しながら、現地の風景・風土を守る建築を目指しているという研究への考え方も説明した。東京都市大学付属高等学校高校1・2年生 約50名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2014/07/12鳥の目になり都市を俯瞰する 空間情報学とは?空間情報学とは?を中心に、電子地図の発展や、人の流れプロジェクト等の様々なトピックに関する授業を行った。建物・地図をいかに効率よく綺麗に表示するか、という話では、電子地図・ゲーム・Google MAP等の例と共に、3.1 … 続きを読む 清真学園高等学校中学3年生、高校1年生 約40名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2014/06/21レアメタル概論レアメタルの特性や製造法に関する授業を行った。生徒がレアメタルを身近に感じられるように、アニメ・ガンダムのボディの話や浅草寺の瓦の話等を織り込みながら、鉱石やスクラップからのレアメタル回収に関する研究内容を紹介した。山崎学園富士見中学高等学校中学3年生~高校2年生 約25名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2013/12/25光を操るマイクロマシン実際に動きが見える光マイクロマシンを取り上げ、その利用先などを紹介した。プラスティックフィルムを使って「光スペクトル」を見る実演を行い、続いて物体の内部を見る顕微鏡の原理の解説とマイクロミラーの動きにより生物の内部の断面 … 続きを読む 埼玉県立浦和第一女子高等学校高校1年生41名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2013/12/13分子化学のできること分子の可能性を追求し新しい科学の創出、機能性材料の開発を目指す研究についての紹介のほか、生命の謎の追求やガン治療に役立つ試薬開発、放射性セシウム除染材開発等の研究例について説明した。東京都立小山台高等学校高校2年生20名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2013/11/20空間情報技術を用いた環境・災害の監視と国際的技術協力リモートセンシング(遠隔測定観測)の歴史や技術、その技術を使って現在可能な観測、また観測されたデータの生かし方等、リモートセンシング全般の講義を行った。実践学園高等学校高校1年生 21名 高校2年生12名 計34名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2013/11/06応用音響工学-音を捉える・響きをつくる耳の仕組みや音の基本的な性質を音速の測定実験を交えて説明した。また、実在するトンネルやホールの響きをリアルタイムでマイクの入力に付与するシステムのデモンストレーションを行った。茨城高等学校第1部:29名、第2部:38名(中学3年生~高校2年生)生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2013/10/29自然災害リスクと私たちの暮らし阪神、東日本等の大震災を振り返り、その経験をどのようにとらえて防災を考えるべきかを参加者自身が考え、話し合うきっかけとなるような講義を行った。都市の災害に対応していくには都市へのイメージや災害リスクのとらえ方といった人間 … 続きを読む 千葉市立高洲第二中学校150名(全生徒)生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2013/10/01SPP(サイエンスパートナーシッププロジェクト)「鉄道を科学する」への協力工場見学で実際の車両や車輪を見た後、理論から鉄道車輪が曲がる仕組みを学んだ。また部品産業の例として、ベアリングが紹介され、JTEKTより提供いただいたカットモデルを用いて仕組みを学んた。東海大学付属浦安高等学校中学1年生から高校3年生まで生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2013/07/18エネルギーとはなにか?熱エネルギーに圧縮仕事を加えてエクセルギー再生を行う方法等、エネルギー高度有効利用の具体的な事例を挙げ、循環型社会への転換のためにエネルギー・物質生産体系そのものの変革の必要性について説明した。東京都市大学付属高等学校高校1年生24名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2013/07/18仮想現実/現実世界に仮想世界を重ね合わせる複合現実感の概要、遺跡や大仏等の形状及び色彩計測、計測データからのCGモデルの作成、作成したCGモデルの考古学的解析等の網羅的な説明から、最近の研究室の複合現実感関連のプロジェクトとして大槌町役場三次元データ化プロジェク … 続きを読む 東京都市大学付属高等学校高校1年生28名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2013/06/18血液の流れを探る血液の流れの役割と心疾患や脳血管障害等の関連について解説した。CTスキャンやMRI等から得られる医用画像をもとに、コンピュータシミュレーションを行い、そのシミュレーション技術が医学・医療分野でどのように利用展開されている … 続きを読む 富士見中学校・高等学校中学3年生~高校3年生 161名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2012/11/24持続可能社会とものづくり日本鉄鋼協会の協賛、日本鉄鋼連盟とJFE21世紀財団の協力のもと、持続可能な社会を目指す上での材料分野の役割や、現代の基盤材料の一つである鉄鉱の製造プロセスとリサイクル、持続可能社会を目指す革新的材料プロセスの例として、 … 続きを読む 埼玉県立浦和第一女子高等学校高校1年生26名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2012/11/21環境問題環境問題に対する考えは対象を見る視点により異なるため、自分の考えを持つことの重要性を伝えた。複眼的・体系的に事象を捉えることの重要性や、実際に環境問題と資源、エネルギー事情などについて説明した。また、二酸化炭素と温暖化と … 続きを読む 東京都立小山台高等学校高校1年生35名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2012/11/15車輪のしくみを見てみよう車輪の模型を使用し、電車がどのような原理で曲がっているかを説明した。授業では、実際に模型を手にとって実験を行い、慣性、車輪の外周差等について解説した。また、専門の天文から宇宙空間で利用される物の技術が、一般の生活にも役立 … 続きを読む 星美学園高等学校高校1年生16名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2012/11/14水域生態系の保全と食料生産水域生態系の保全に関して、湖や海などの水環境を良好な状態に保つことが健全な生態系と水産資源の確保のために重要であることを説明した。また、霞ヶ浦を例として、水環境が悪化する原因や保全方法、水域における食料生産として魚介類の … 続きを読む 茨城高等学校40名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2012/10/30海中プラットフォームシステム生産技術研究所で開発されている海中ロボットについてなどを紹介した。また、海中ロボットのナビゲーション方法や、3次元画像マッピング、海中ロボットの海中ステーションへのドッキングなどについて説明したほか、海中ロボットの将来展 … 続きを読む 静岡県立富士高等学校1回目:25名、2回目:25名生産技術研究所次世代育成オフィス(ONG) http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ong/activity/lecture/index.html
2011/12/17車両の走行メカニズム学校で習っている数学および理科の授業が研究レベルでどのように生かされて いるのか、科学技術は社会とどのようにつながっているのかを理解してもらうことを目的として、生産技術研究所の教員による出張授業を実施した。埼玉県立浦和第一女子高等学校高校1年生・29名
2011/08/03東大大学院生による楽しい理科実験教室「人工イクラを作ってみよう-細胞ってなに?-」‘東大大学院生の指導により、小学生がアルギン酸と塩化カルシウムから様々な色のコアを持つ「人工イクラ」の作製を行います。作製した人工イクラを細胞に模すことで「細胞がどんなものか」を学び取ります。 ‘品川区立三木小学校 小学4~6年生・19名品川区立大崎中学校生徒3名がアシスタントとして参加 
2010/12/18SNG 出張授業「自走式ロボット『ちょこまカー』をつくろう」学校で習っている数学および理科の授業が研究レベルでどのように生かされて いるのかを理解してもらうことを目的として、生産技術研究所の教員による出張授業を実施した。埼玉県立浦和第一女子高等学校高校1年生・29名
2009/12/19SNG 出張授業「未来素材:チタン、レアメタル」学校で習っている数学および理科の授業が研究レベルでどのように生かされて いるのかを理解してもらうことを目的として、生産技術研究所の教員による出張授業を実施した。埼玉県立浦和第一女子高等学校高校1年生・19名
2009/11/13SNG 出張授業「ロボットを作るために力学を知ろう! 受動歩行編」学校で習っている数学および理科の授業が研究レベルでどのように生かされて いるのかを理解してもらうことを目的として、生産技術研究所の教員による出張授業を実施した。東京都立戸山高等学校高校生・37名
2009/10/10SNG 出張授業 「デジカメをサイエンスする」3学校で習っている数学および理科の授業が研究レベルでどのように生かされて いるのかを理解してもらうことを目的として、生産技術研究所の教員による出張授業を実施した。西武学園文理高等学校高校生・13名
2009/07/15SNG 出張授業 「デジカメをサイエンスする」2学校で習っている数学および理科の授業が研究レベルでどのように生かされて いるのかを理解してもらうことを目的として、生産技術研究所の教員による出張授業を実施した。下北沢成徳高等学校高校生・24名
2008/12/20SNG 出張授業 「デジカメをサイエンスする」学校で習っている数学および理科の授業が研究レベルでどのように生かされて いるのかを理解してもらうことを目的として、生産技術研究所の教員による出張授業を実施した。埼玉県立浦和第一女子高等学校高校生・33名
2008/06/24,26SNG 出張授業 「ロボットを作るために力学を知ろう!」2学校で習っている数学および理科の授業が研究レベルでどのように生かされて いるのかを理解してもらうことを目的として、生産技術研究所の教員による出張授業を実施した。品川女子学院高校生・26名
2008/01/09,16SNG 出張授業 「ロボットを作るために力学を知ろう!」学校で習っている数学および理科の授業が研究レベルでどのように生かされて いるのかを理解してもらうことを目的として、生産技術研究所の教員による出張授業を実施した。横浜市立鶴見工業高等学校高校生・40名