小中高向け出張授業・講習会・見学会等

ぼくらはまちの探検隊


子ども達、そして私達も共に、自分と街との関わりを知り、“良いまち”とは何かを考える、つまり都市リテラシイの構築の手法を考えていく事を目的としている。子ども6名程度で1チームとなり、隊長である大学生、大学院生らと共に、実際に見て、聞いて、触って、時には嗅いで各チーム、自分のまちを様々な切り口で分析し、成果を生産技術研究所のオープンキャンパスの開催日に、まちの住民や研究者の前で発表する。建築や歴史のみならず、人、水、緑、土木構築物、交通、生物、食、商業、文化等様々な切り口で、いかに都市を理解するかという手法を、異なったディシプリンと恊働して作り上げていくことができる。

対象/人数
小学生20名~50名、隊長他運営のため:25名程度
実施日
4月-5月にかけて週一回,全10回前後
実施主体
生産技術研究所 村松 伸研究室
今後の対応
可・応相談
問合せ先(部署名、電話又はEmail)
生産技術研究所 人間・社会系部門(5部) 村松 伸研究室
秘書 熊谷祐美子
E-mail:shinlab@iis.u-tokyo.ac.jp
TEL:03-5452-6442
備考
毎年、近隣にある渋谷区立上原小学校6年生と共に、総合学習の時間を使って子ども達と代々木上原の街を探検するプロジェクト「ぼくらはまちの探検隊」を行っている。2015年度は、東京大学「グローバルリーダー育成プログラム(GLP)」における「GLP指定科目」に指定されている。