最新のイベントのお知らせ

新しい学びプロジェクト 平成28年度報告会
自治体と東京大学による協調学習研究連携

平成22年度から教育委員会、学校現場の教員、研究者が協同しながら、「新しい学びプロジェクト」として、児童生徒一人ひとりに主体的、対話的で深い学びを保証する授業の実現に向けた実践研究を進めてきました。参加団体の独自性を活かしながら、各団体の取組を緩やかにネットワークする形で成果の共有を図っています。本報告会では、子どもの学びを丁寧に想定しながらの授業デザイン、やりとりをとおして子どもたちが学びを深めていくプロセスの丁寧な見とりに基づく授業の振り返り、この2つを核とした授業改善のサイクルをどのように支えるかという3つの視点から、次年度以降の研究連携の展望を描きます。

PDF[773KB]

[日時]
平成29年1月29日(日)
9:30~14:45(受付9:00~9:30)
[場所]
東京大学 弥生キャンパス 弥生講堂一条ホール他(東京都文京区弥生 1-1-1)※東京メトロ南北線「東大前」駅より徒歩3 分/東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目」駅より徒歩15 分
[主催]
「新しい学びプロジェクト」研究協議会/東京大学 大学発教育支援コンソーシアム推進機構(CoREF)
[参加費]
無料
[参加申込]
info(at)coref.u-tokyo.ac.jp(※(at)を「@」に置き換えて下さい) 宛 に、件名を「1月29日報告会参加申込 ご自身のお名前」とし、(1)お名前(ふりがな)(2)所属 (3)メールアドレスをお送りください。【平成29年1月25日締切】

 

[プログラム](受付9:00~9:30)

9:30~9:55 開会行事
10:15~12:15 ラウンドテーブル「各教科における『知識構成型ジグソー法』の授業づくりと実践について」
*主に小・中学校での国語、算数・数学、社会、理科、英語の5教科の授業実践について、教科ごとの実践報告と意見交換の場を予定しています
12:15~13:15 昼休憩・移動
13:15~14:40 シンポジウム「子どもの学びを見とりながら授業を変えていく」
・「新しい学びプロジェクト」研究推進員・担当者
  - 広島県安芸太田町教育委員会
  - 山口県防府市立華西中学校
・ 東京大学CoREFスタッフ
14:40~14:45 閉会行事

※当日の様子は写真・ビデオ撮影いたします。写真・動画は、大学発教育支援コンソーシアム推進機構が関与するWebサイト等の広報手段、講演資料、書籍等に許諾なく用いられる場合があります。マスメディアによる取材に対しても、許諾なく提供することがありますのでご了承ください。

 


埼玉県×CoREF「未来を拓く『学び』プロジェクト」平成28年度 シンポジウム
学び合いで未来を変える

saitama_coref20160114

PDF[675KB]

[開催趣旨]
埼玉県教育委員会が東京大学 大学発教育支援コンソーシアム推進機構(CoREF)と連携して実施している「未来を拓く『学び』プロジェクト」(平成27年度~平成31年度)について、平成28年度の研究・実践の成果について広く報告し、その成果の普及を図る。
[日時]

平成29年1月14日(土)
10:20~16:40 (受付9:40~10:20)
[場所]
戸田市文化会館 ホール他 (埼玉県戸田市上戸田4丁目8番1号)※JR埼京線(各駅停車)戸田駅[東口]より 徒歩7分
http://www.todacity-culturehall.jp
[参加費]
無料(※懇親会ご参加の方は別途要参加費3,000円)
[参加申込]
申込フォームへ

 
 
[プログラム] (受付9:40~10:20)

10:20~10:30 開会行事
10:30~11:20 鼎談
合田 哲雄(文部科学省 初等中等教育局 教育課程課 課長)
白水 始(東京大学 大学発教育支援コンソーシアム推進機構 機構長)
羽田 邦弘(埼玉県教育局県立学校部高校教育指導課 課長)
11:30~12:40 研究開発員代表者のパネルディスカッション
12:40~13:40 昼食休憩
13:40~16:40 担当教員等による教科部会等別ラウンドテーブル
-未来を拓く「学び」プロジェクトでの実践報告(教科別・主に高等学校)

国語、地理歴史、公民、数学、理科、保健体育、音楽、美術、書道、外国語、家庭、情報、農業、工業、商業、看護、福祉

-新しい学びプロジェクトでの活動報告

小学校、中学校
※昼食は近くのレストラン等で各自お取りください。会場内での飲食は御遠慮ください(ホワイエは可)
※終了後、懇親会を予定しています。申込みの際に出欠を御明記ください。会費(3,000円)は当日会場にて申し受けます

※当日の様子は写真・ビデオ撮影いたします。写真・動画は、埼玉県教育委員会及び大学発教育支援コンソーシアム推進機構が関与するWebサイト等の広報手段、講演資料、書籍等に許諾なく用いられる場合があります。マスメディアによる取材に対しても、許諾なく提供することがあります。

過去のイベント一覧

2016年5月29日
三宅なほみメモリアルシンポジウム
未来の学びを展望する-ICT と学習科学が支える新しい学習環境のデザイン- 来る5 月29 日は、故三宅なほみ先生の一周忌にあたります。先生のやってきたこと、やりたかっただろうことの中には、すでに大きな実をなしつつあるも […]
2016年3月26日
東京大学 大学発教育支援コンソーシアム推進機構 シンポジウム
アクティブ・ラーニングのその先へ:評価を軸に学びを見直す 東京大学 大学発教育支援コンソーシアム推進機構(CoREF)は全国の市町・県の教育委員会や学校等と、21世紀を生きる主体的な市民の育成につながる授業の実現を目指し […]
2016年2月6日
新しい学びプロジェクト 平成27年度報告会
H27年度新学P報告会 自治体と東京大学による協調学習研究連携 平成22年度から教育委員会、学校現場の教員、東京大学の研究者が協同しながら、「新しい学びプロジェクト」として、児童生徒一人ひとりが主体的に学ぶ授業の実現に向けて、協調学習を引き起こ […]
2016年1月16日
埼玉県×CoREF「未来を拓く『学び』プロジェクト」平成27年度 シンポジウム
saitama_coref20160116s 学び合いで未来を変える [開催趣旨] 「未来を拓く『学び』プロジェクト」では、埼玉県教育委員会と東京大学 大学発教育支援コンソーシアム推進機構(CoREF)が研究連携し、「知識構成型ジグソー法」の手法を用いた協調学習の授 […]
2015年3月28日
東京大学大学発教育支援コンソーシアム推進機構シンポジウム
実践者が語るアクティブ・ラーニングの可能性 私たち東京大学 大学発教育支援コンソーシアム推進機構では、平成22年度から 全国の市町・県の教育委員会や学校等と“子どもが自分で答えを考える”授業の実現に向けて、「知識構成型ジ […]
2015年2月7日(土)
新しい学びプロジェクト 平成26年度報告会
20150207新学P 自治体と東京大学による協調学習研究連携 平成22年度から教育委員会、学校現場の教員、東京大学の研究者が協同しながら、「新しい学びプロジェクト」として、児童生徒一人ひとりが主体的に学ぶ授業の実現に向けて、協調学習を引き起こ […]
2015年1月17日
埼玉県×CoREF「未来を拓く『学び』推進事業」平成26年度 報告会
saitama_coref20150117s ひとりひとりが輝く学びの未来へ向けて [開催趣旨] 「未来を拓く『学び』推進事業」では、埼玉県教育委員会と東京大学 大学発教育支援コンソーシアム推進機構(CoREF)が研究連携し「知識構成型ジグソー法」の手法を用いた協調 […]
2014年2月8日
新しい学びプロジェクト 平成25年度報告会
201402新学びP_A4片面フライヤー

市町等と東京大学による協調学習研究連携

「新しい学びプロジェクト」は、平成22年度から市町教育委員会、学校現場の教員、東京大学の研究者が協同して、教材の開発・実践・検討のサイクルを形成・発展させてきました。本報告会では、教室レベルでの授業実践、研究をマネジメントする市町レベルの実践、そしてこうした取り組みをつなぐプロジェクトのビジョンについての多角的な報告を基に、次年度以降の研究連携の展望を描きます。
2014年1月18日
埼玉県×CoREF「未来を拓く『学び』推進事業」平成25年度 報告会
20140118saitama_omote_OL

ひとりひとりが輝く学びの未来へ向けて

「未来を拓く『学び』推進事業」では、埼玉県教育委員会と東京大学 大学発教育支援コンソーシアム推進機構(CoREF)が研究連携し「知識構成型ジグソー法」の手法を用いた協調学習の授業づくりと実践を行ってきました。2年間の取組の成果と来年度への展望を描きます。
2013年9月14日
東京大学大学総合教育研究センター×東京大学大学発教育支援コンソーシアム推進機構シンポジウム
20130914CoREF×大総センターシンポ

実践のための知を探る 大学理系と高校の知をつなぐ新しい高大連携を求めて

本シンポジウムでは、大学側からその趣旨と具体的な形を提案し、教育界からの提言と要望を得て、新しい高大連携実現のためのビジョンを明らかにします。今、高大双方の間にあるコンテンツ・ギャップを解消し、高大連携して世の中の変革に結びつく創造的な実践を可能にする知を探ります。
2013年2月2日
新しい学びプロジェクト 平成24年度報告会
20130202shingakuP

市町と東京大学による協調学習研究連携

「新しい学びプロジェクト」は、平成22年度から、新しい学びのゴールに向けて、協調学習を引き起こす授業づくりを目指した教材の開発・実践・検討のサイクルを形成・発展させてきました。本報告会では、実践そのものに加え、実践を支える組織づくり、研究者と実践者、教育委員会との連携など、様々な観点からプロジェクトを振り返り、来年度以降の研究連携の展望を描きます。
2013年1月19日
CoREF×埼玉県「未来を拓く『学び』推進事業」平成24年度 報告会
PDF[1.5MB]

ひとりひとりが輝く学びの未来へ向けて

「未来を拓く『学び』推進事業」では、埼玉県教育委員会と東京大学 大学発教育支援コンソーシアム推進機構(CoREF)が研究連携し「知識構成型ジグソー法」の手法を用いた協調学習の授業づくりと実践を行ってきました。1年間の取組の成果と来年度への展望を描きます。
2012年12月9日
第5回 大学発教育支援コンソーシアム シンポジウム
「大学発」→「社会発」へ ―教育支援のこれから― 
20121209sympo 平成20年に設立された当コンソーシアムは今年度末に活動期間の終了を迎えることとなりました。5年間の活動を振り返り、これからの教育支援のあり方について提言します。 PDF[262KB] [日時]平成24年12月9日(日) […]
2012年2月10-11日
新しい学びプロジェクト 平成23年度報告会
20120210-11 新学P報告会A4 市町と東京大学による協調学習研究連携 平成23年度「新しい学びプロジェクト―市町と東京大学による協調学習研究連携―」では、昨年度の9市町から18市町・1県立学校へと参加自治体を拡大し計38名(小学校20名・中学校18名) […]
2012年1月21日
CoREFx埼玉県「県立高校学力向上基盤形成事業」平成23年度 報告会
20120121_Page_1 ひとりひとりの学びが輝く-協調学習2年間の取組からの展望- 「県立高校学力向上基盤形成事業」では、埼玉県教育委員会と東京大学大学発教育支援コンソーシアム推進機構(CoREF)が連携し、「知識構成型ジグソー法」の手法を用い […]
2011年12月18日
大学発教育支援コンソーシアム 第4回シンポジウム
20111218_A4 学校+大学+社会→NNs(Network of Networks) 「大学発教育支援コンソーシアム」の設立から4年目を迎え、各大学・教育委員会において充実した取組がなされてきました。取組の輪も、学会や企業、学術団体等、広 […]
埼玉県「県立高校学力向上基盤形成事業」における公開研究授業
 東京大学 大学発教育支援コンソーシアム推進機構(CoREF)と埼玉県教育委員会が連携した「県立高校学力形成基盤形成事業」では、「協調学習」の手法を取り入れた公開研究授業を実施します。  以下に9月と10月に実施する高等 […]
2011年3月20日
大学発教育支援コンソーシアム 第4回シンポジウム NNs:ネットワーク オブ ネットワークスの広がりと取組の深化
fdasds 【東北地方太平洋沖地震について】 「大学発教育支援コンソーシアム」が設立されてから約2年、各大学・教育委員会において充実された取組がなされてきました。今年3月20日にシンポジウムを開催して22年度の活動報告と23年度の活 […]
2011年2月10,11日
「新しい学びプロジェクト~市町村と東京大学による協調学習研究連携~」平成22年度年次報告会
新しい学びプロジェクト始動 「新しい学びプロジェクト―市町村と東京大学による協調学習研究連携―」では、宮崎県五ヶ瀬町を中心とする9つの自治体※から、計13校(小学校5・中学校8)が参加し、国語、算数・数学、理科、社会の4教科で、小・中学校の先生方と […]
2011年1月29日
埼玉県「県立高校学力向上基盤形成事業」平成22年度報告会
聞くと読むではどう違う? ひとりひとりの学びが輝く 「県立高校学力向上基盤形成事業」では、埼玉県教育委員会と東京大学大学発教育支援コンソーシアム推進機構 (CoREF) が連携し、高等学校の先生方と大学研究者が共同開発した協調学習型の授業を実践し […]