大学発教育支援コンソーシアム Consortium for Renovating Education of the Future (CoREF)

大学発教育支援コンソーシアムとは

大学発教育支援コンソーシアムは「小・中・高等学校の先生方に大学か ら生まれる新しい知識やその教育方法を発信し、みんなで教育の質を高めること」を目的として、賛同する大学・学会・産業会などが連携し、 新しい理想の教育を実現するシステムです。

CoREFという略称は Consortium for Renovating Education of the Future の頭文字を取って作ったものです。人が人とかかわり合いながら自分の考えを見直して作り直してゆく過程をcollaborative reflection と呼びますが、CoREFは、このことばの略称にもなっています。

沿革:なぜ大学発教育支援コンソーシアムが生まれたの?

成18年10月、安倍内閣時に設立された教育再生会議は、「社会総がかりで教育再生を」というメッセージを発信しました。

教育再生会議で取り上げられた議論には、例えば、

  • ゆとり教育の見直しや理科離れなどの課題を含む「学力向上」
  • 指導力不足の教員問題や教員免許制などの課題を含む「教員の質の向上」
  • いじめや校内暴力問題を排し、心身ともに健やかな人間を育てるための「教育内容」
  • 学校の閉鎖性、隠避主義、悪平等を排し、保護者の信頼に応えることができる「教育現場」
  • 事なかれ主義を改め、行政の縦割りを打破し、対国、対学校の役割分担について見直すなどの課題を含む「教育委員会」

などがあります。当時教育再生会議の委員を務めた、小宮山宏 前東京大学総長は、これらの問題の背景として、次のような点があると指摘しました。
(参考:平成20年7月12日シンポジウム講演資料

そして、「これらの問題を解決する鍵は2つ。『教員の質の向上』と『教育内容の改革』」だと提言しました。二つの鍵は、具体的には次のようなことです。

「教員の質の向上」

  • 教員集団の均質性・閉鎖性
  • 教員集団の専門性の欠如
  • 硬直化した教科内容

「教育内容の改革」

  • 先端知を学習内容にリンク
  • 科目間の相互関係の構築
  • 理想の教科書の作成

大学や地域や産業界が教育現場や教育委員会に積極的にかかわることで、これらの取組が可能になります。

社会総がかりで教育の質を高めよう。

そのような理念の下、陰山英男委員、門川大作委員、小宮山宏委員の共同提案をもとに「大学発教育支援コンソーシアム」の設立が提言されました。

教育再生会議の最終報告の提言(平成20年1月31日)
大学と教育委員会等とのネットワークである「大学発教育支援コンソーシアム」を推進し、大学の英知を学校教育の改善に活かす。

PAGETOP