「知識構成型ジグソー法」に関する研修のご依頼について

「知識構成型ジグソー法」の授業研究に興味を持っていただき、ありがとうございます。
東京大学CoREFでは単独校からの研修のご依頼について、基本的に継続的に実践研究に携わっていただくことを前提にしたご依頼のみお受けすることにさせていただいております。

私たちの取組のねらいは、「知識構成型ジグソー法」の手法を普及することではなく、「知識構成型ジグソー法」の手法を1つの核に、実践者や研究者など、多様な立場の人々が明日の学びの質をよりよくしていくための実践と振り返りを繰り返すこと、そうした継続的な授業改善を支える私たち自身の対話、学びの場としてのネットワークを維持発展させることです。
(継続的な授業改善ネットワークである「新しい学びプロジェクト」の概要とポリシーについては「活動報告書」の第1部第1章をご覧ください。)

継続的な授業改善のネットワークに参加を検討したいという学校等からの研修のご依頼は、随時歓迎しております。
それぞれの学校等のニーズや課題に即して、多様な形での参加、研修が可能です。

問い合わせ先

なお、「知識構成型ジグソー法」の手法について学びたいという方は、本ホームページで紹介している「授業デザインハンドブック」「関連書籍」をご参照ください。
公開研究授業や報告会等、関連のイベントについてもトピックスで随時紹介しております。