東京大学「ジュニアドクター育成塾」活動開始

東京大学では、平成29年度より国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)による「ジュニアドクター育成塾」事業に係る企画を実施します。
高大接続研究開発センター高大連携推進部門では、実施主担当者として企画の運営を行います。本学の企画は「アクティブ・ラーニングと専門家シニアによるきめ細かい指導を活用したジュニアドクターの育成」です。アクティブ・ラーニング(AL)型教育・評価プログラムの開発ノウハウの蓄積及び教育委員会、学校、産業界等との連携、とりわけ「NPO法人日立理科クラブ」を中心とする高度な専門知を有する理数系シニア人材の人的リソースを活用し、科学的なものの見方、考え方と未来を拓く資質能力を併せ持ち、自ら「問うべき問い」を立てて仲間と探究できる未来の科学者の育成を目指します。

ジュニアドクター育成塾 活動記録

 

ジュニアドクター育成塾についてはこちら
NPO法人日立理科クラブについてはこちら