協調学習 授業デザインハンドブック 第2版

―知識構成型ジグソー法を用いた授業づくり―


協調学習を引き起こすための「知識構成型ジグソー法」という型を使った授業づくりについて、東京大学CoREFの研究者と教育委員会、学校の先生方とのこれまでの7年間の実践研究連携を通して見えてきたことを整理、共有するためのハンドブックの第2版です。第1版とあわせてご参照ください。
実際の指導案や教材の例をまとめた使い方キットのページとあわせてご活用ください。

全ページの一括ダウンロードはこちら:(PDF:4.1MB)

協調学習 授業デザインハンドブック 第2版 目次
はじめに 第1節 使い方ガイド 1 ダウンロード
〔PDF:0.9MB〕
第2節 「協調学習」授業づくりの前提 3
第1章 理論編 7 ダウンロード
〔PDF:1.3MB〕
第1節 学び続ける先生方に向けて 8
第2節 背景となる考え方 11
第3節 新しい学びのゴールと評価 19
第2章 授業づくり編 29 ダウンロード
〔PDF:2.7MB〕
第1節 知識構成型ジグソー法~授業の流れとその意味~ 30
第2節 授業づくりの基本的な考え方 34
第3節 授業づくりQ&A 40
第4節 各教科における授業デザイン原則 59
第3章 授業実践解説編 83 ダウンロード
〔PDF:1.2MB〕
第1節 小学校 算数「どれだけ多い」の授業 84
第2節 小学校 国語「注文の多い料理店」の授業 91
第3節 中学校 理科「運動の仕組み」の授業 98
第4節 中学校 社会「関東地方」の授業 105
第5節 高校 地理歴史「カール5 世はなぜルター派を容認したか」の授業 112
第6節 高校 数学「空間図形上を移動する点についての確率」の授業 119
第4章 データ編 127 ダウンロード
〔PDF:1.2MB〕
第1節 本章及び付属DVD の説明 128
第2節 実践一覧 129
奥付 177 ダウンロード
〔PDF:0.8MB〕